不眠症解消|症状や原因等

不眠症を解消する為の方法や原因等を紹介する情報サイト

不眠症不眠症を克服

不眠症や睡眠障害を解消する為に

現代では人々の生活スタイルが夜型化し、とくに都市部では深夜も活動する人が珍しくなくなりました。こうした社会変化と並行して、近年、不眠や睡眠障害に悩む人は増加傾向にあり、5人に1人は、睡眠の問題で悩んでいるといわれています。このサイトでは不眠症や睡眠障害の原因・治療法に関する情報をはじめ、不眠や睡眠障害の克服に役立つ情報を紹介していきます。眠りに関する悩みの解消にお役立てください。

不眠症の症状

不眠症の特徴不眠症とは、寝つきが悪かったり、夜中や早朝に眠りが途切れたりして、睡眠が不十分な状態を本人がつらいと感じ、気にしたり心配したりしている症状をいいます。要するに、本人が「寝た気がしない」と自覚して悩んでいる状態です。それと同時に、睡眠が不十分なために仕事や家事などいった、日常生活に支障をきたしているという客観的な障害があることを「不眠症」といいます。なので、常識的に考えれば睡眠時間が短い状態が続いても、本人がそれを気にしておらず、また日常生活に支障が生じていなければ、不眠症とはいいません。

不眠症が起こる原因

不眠症が起こるメカニズム精神的な緊張や不安などのストレスを感じると、寝つきが悪くなったり、夜中に目覚めたりすることがあります。これに加えて、「今夜こそは眠ろう」と努力すると、それが逆に神経を興奮させてしまい、ますます眠れないという悪循環をまねくことになりかねません。
ストレスを感じれば、誰でも一時的に眠れなくなるもので、それ自体は正常な反応です。この段階でストレスを軽くしたり、睡眠の仕組みを知って生活習慣を改善したりすれば、不眠症を克服し、おだやかな眠りを取り戻すことができます。ところが、「眠れない」ということにこだわりすぎると、生活習慣の改善だけでは、なかなか本来の眠りを取り戻すことができません。こういった場合は、医師の診察を受けたうえで、睡眠薬の助けを借りるとよいでしょう。

不眠症は睡眠障害の一つ

「睡眠障害」には、不眠症を筆頭に、呼吸関連睡眠障害(いわゆる睡眠時無呼吸症候群)やナルコレプシー過眠症など、さまざまなタイプがあります。
国際分類では、これらののような明らかな原因がない、いわば特定の原因がない、原発性の不眠を「不眠症」と分類しています。

睡眠障害の種類

不眠症は睡眠障害の一つとされ、そのなかでもっとも多いといわれています。睡眠障害は人の睡眠と覚醒に関連するさまざまな疾患をさします。以下に睡眠障害の種類を紹介していきます。

不眠症
●不眠症(原発性不眠症・神経症性不眠症
●薬原性不眠
●身体疾患による不眠
●精神疾患による不眠
●脳器質性疾患による不眠[認知症を含む]
(せん妄に伴う睡眠障害/生体リズムの異常に基づくと考えられる睡眠障害/特定小脳機能の障害による睡眠障害/脳器質性疾患の症状・治療薬剤による睡眠障害)
過眠症
●薬剤による過眠
●ナルコレプシ
●その他の過眠症(特発性過眠症/反復性過眠症)
概日リズム睡眠障害
●時差症候群による睡眠障害
●交代勤務による睡眠障害
●睡眠相後退症候群
●非24時間睡眠覚醒症候群
●その他のリズム障害(睡眠相前進症候群/不規則型睡眠覚醒パターン)
睡眠呼吸障害
●閉塞性睡眠時無呼吸症候群
●上気道抵抗症候群
●中枢性睡眠時無呼吸症候群
ねぼけ
●睡眠時遊行症と夜驚症
●レム睡眠行動障害
●心的外傷後ストレス障害での不眠
●パニック障害の睡眠障害
その他
●むずむず脚症候群
●周期性四肢運動障害

スポンサードリンク

ページの先頭へ