不眠症
不眠症を克服

中途覚醒について


年をとると睡眠中にトイレが近くなって、夜中に目覚めてしまう人が多くなります。背中や腰の痛み、かゆみなどの体の問題があって目が覚めてしまうこともあります。

睡眠障害年齢別頻度のグラフ

お年寄りに中途覚醒が多い原因

お年寄りは時間的余裕が多い
こうしたはっきりした原因がなくても夜中に目が覚めてしまう場合には、布団に入っている時間が長すぎることが多くあります。年をとるにしたがって、体が必要とする睡眠時間は少しずつ減っていきます。一方、生活は時間的に余裕ができてくるため、長く眠ろうと、布団の中で長く過ごすようになります。しかし、体が必要とする以上には眠れないものです。
つまり、必要とする睡眠時間以上に床に入っている分、目が覚めやすくなってしまうということです。中途覚醒の背景には、夜中にのどが詰まって呼吸が止まる 睡眠時無呼吸症候群や、足がピクンとして目が覚める 周期性四肢運動障害などの睡眠の病気が隠れていることがあるので、注意が必要です。